クラブ概要

Club overview

 

クラブ

 


クラブPV

~東急SレイエスFC~

 


■東急SレイエスFC

 「フットサルからサッカーへつなげる、フットサルからフットサルへつなげる」という育成モデルを日本で表現し続けていくために、一貫指導体制のもと真の育成を目指していく総合型フットボールクラブです。

 

 

■ミッション - 志 -

 ・日本一スポーツ参加率の高い地域へ!(=健康づくり)
 ・日本一人が育つ場所へ!(=人づくり)
 ・日本一活気がある街へ!(=街づくり)

 

■ビジョン - 目指す姿 -

 ・東急沿線コミュニティの中心的機能として、人と街の成長に貢献する。
 ・育成に定評のあるクラブで在り続ける。

 ・フットサルからスタートする新たなフットボール育成環境を目指す。

 

■クラブフィロソフィー - クラブの哲学 -

 more than FOOTBALL

 ~それよりも、今よりも~

 レイエスに関わるすべての人々に成長を届け、それぞれが思い描く以上の姿、思っている以上の未来を届けるクラブを目指します。
 
 ・クラブの働きかけのすべては、「それよりも、今よりも」を目指した考えで成り立つ。
 ・フットボールを通してフットボールよりも大切なフットボールを伝える。
 ・フットボールよりも価値のあるフットボールがある世界を体現する。

 

■バリュー - 価値観 -

 

■行動指針

 1."0"から"1"を生み出し、"1"を"2"へかえる。
   ~偶然を待たずにアクションを起こし、スコアを動かしに行くこと~
 2.つまづいても構わない。歩き始め続けること。
   ~失うのは攻めているから。大切なのは一歩でもボールをゴールに近づけ続けること~
 3.One for club, Club for all.
   ~あなたの1プレーで、クラブは"すべて"に貢献できる~

アカデミー

 

■東急SレイエスFCアカデミー

 レイエスFCアカデミーは、フットボールに関する育成機関の総称で、18歳以下のチーム・スクールを括るものです。

 

■アカデミーフィロソフィー

 We prepare for Futsal, Football and Life.

 ~サッカーにつながる、人間性向上につながるスキルを、フットサルで~

 我々が提供するフットサル、そしてサッカーのトレーニングや様々な活動は、やがて人生を豊かに生きるのに役立ちます。技術面へのアプローチだけでなく、教育的要素も含めたコーチングにより競技力の向上と人間性の向上に努めます。

 

■アカデミーの特徴

 ・フットサルからサッカーへ、フットサルからフットサルへ

 サッカー・フットサルにおいて世界で活躍するプロ選手たち。彼らに共通している事実。それは“才能”だけではなく「幼少期にフットサルをプレーしていた」ということ。厳密には、フットサルはサッカーとは異なるスポーツですが、そこから学び身に付けるスキルは、将来より優れたフットボーラーへ成長するための重要なカギとなっています。

 ・自らを成長させ続ける力を持った選手の育成

 ・選手の「みる、考える、やる」を大切にすることで、状況を判断し、適切な決断を下して行動できる、能動的知性を養います。

 ・選手の「もっと…」を引き出せるチャレンジングな環境を提供し、フットボールの本質となる更なる可能性を追求します。

 ・選手の「自分らしさ」を尊重し、共に「新たな自分」を探求することで、チームにおける個性の活用と特長の最大化を図ります。

 

指導の特徴 -選手が自ら成長するための指導方法-

 ・モチベーションの向上(褒める・励ます)

 選手が意欲的にプレーできるよう褒め、励まし、自ら成長できる環境を提供します。

 ・質問調のコーチング

 質問調のコーチングによって、問題や課題を自分自身で解決していけるようにサポートし、自分の考えをまとめて相手に分かりやすく論理的に意見を伝えるスキルを獲得していきます。

 ・自己フィードバックの活性

 あらゆるプレーや行動に対して振り返るきっかけを与えるアプローチを行い、選手の自ら試行錯誤していく習慣を養うことで、技術の上達や心の成長につなげます。

 

スクールPV

~東急Sレイエス フットボールスクール~

 


クラブアドバイザー

クラブアドバイザー

ハビエル・ロサーノ・シド
Javier Lozano Cid

選手の中に必ずある「ダイヤモンド」を見つけて、
それに気付かせ、それを選手と一緒に磨き続けること。

獲得タイトル 96年 欧州選手権優勝
00年 FIFA FUTSAL 世界選手権グアテマラ大会優勝
01年 FIFA FUTSAL CUP 優勝
04年 FIFA FUTSAL 世界選手権台北大会優勝
05年 UEFA FUTSAL CUP 優勝
役職 FIFA FUTSAL インストラクター
UEFA FUTSAL COMMITTEE委員
96~06年スペインフットサル代表 監督
02年 日韓W杯サッカースペイン代表 コーチ
J‐フロンテッジ テクニカルディレクター
レアルマドリード 育成部長
スペインフットサルリーグ 会長
スペインプロリーグ協会 会長
東急SレイエスFC クラブアドバイザー

 

選手の中に必ずある「ダイヤモンド」を見つけて、それを気付かせ、それを選手と一緒に磨き続けること。

 「フットボールのゲームでは二度と同じ場面はやってこない。それは人生とよく似ている。もしも決められたことしかプレーできなかったら、ゲームの局面が変化した時に対応できるだろうか。“ゲームで活きるプレイヤー”・“自ら人生を切り開ける人間”の育成。その探求こそ、我々の目指すフットボールのテーマである。選手自ら考え、決断し、内省するサイクルを生み出すフットサルは、サッカーの世界を広げ、やがてそれはやがて人生を豊かにしていくのである。」

 

歴史

東急SレイエスFC

2000年 東急スポーツシステム㈱が運営するサッカースクール(あざみ野校・新百合ヶ丘校)の卒業生を対象とした中学生対象の育成クラブ『FC Los Reyes』 発足
2004年 スクール卒業生だけではなく地域にも門を開き、“育成と強化の両立”を目指すクラブへの方針転換に伴い、『東急SレイエスFC YOKOHAMA U-15』へ名称変更
ナイキプレミアカップ神奈川県大会 第3位
2005年 県や市に4種登録せず、“フットサルをサッカーにつなげることを主とした、U-15昇格を目指す”未登録クラブチーム『東急SレイエスFC YOKOHAMA U-12』 発足
2007年 クラブユース選手権神奈川県大会 クラブ初の関東大会出場(U-15)
2008年 クラブユース選手権神奈川県大会 クラブ初の優勝(U-15)
高円宮杯神奈川県大会 3位(U-15)
全日本少年フットサル大会神奈川県大会 クラブ初の優勝(U-12)
東急SレイエスFC YOKOHAMA U-12』の活動を終了し、スクールのレイエスクラス(選抜クラス)へその機能を移管
2009年 クラブユース選手権神奈川県大会 準優勝/フェアプレー賞(U-15)
高円宮杯神奈川県大会 準優勝(U-15)
2010年 クラブユース選手権神奈川県大会 優勝/フェアプレー賞(U-15)
2011年 クラブユース選手権神奈川県大会 優勝(U-15)
神奈川県U-15トップリーグ クラブ初の優勝(U-15)
高円宮杯神奈川県大会 第3位(U-15)
2012年 高円宮杯神奈川県大会 クラブ初の優勝/フェアプレー賞(U-15)
神奈川県U-15トップリーグ 準優勝(U-15)
JリーグU-13メトロポリタンリーグDグループ 優勝/1部昇格(U-13)
2013年 クラブユース選手権神奈川県大会 優勝(U-15)
2014年

関東U-15リーグ クラブ初昇格(U-15)

クラブユース選手権神奈川県大会 優勝

神奈川県U-15トップリーグ 優勝(U-15)

2015年 クラブユース選手権全国大会 初出場(U-15)
2016年 クラブユース選手権神奈川県大会 優勝/フェアプレー賞(U-15)
クラブユース選手権全国大会 ベスト32(U-15)
神奈川県U-15トップリーグ 優勝(U-15)
関東U-15リーグ 2部昇格(U-15)
関東U-13リーグ 1部昇格(U-15)
2017年 関東U-15 2部リーグ 7位(U-15)
関東U-13 1部リーグ 4位(U-15)
2018年 関東U-15 2部リーグ 8位(U-15)
関東U-13 1部リーグ 準優勝(U-15)
JリーグU-13メトロポリタンリーグBグループ 4位(U-13)
ベトナム日本国際ユースカップU-13inビンズン 優勝(U-13)
2019年

「フットサルからサッカーへつなげる、フットサルからフットサルへつなげる」という育成モデルを日本で表現し続けるクラブとして、一貫指導体制の中での真の育成とフットボールへの追求、スポーツの更なる可能性の拡大を目指し、地域密着型のフットボールクラブへ生まれ変わる
スクール事業と名称を統合し、クラブエンブレムもリニューアル
クラブアドバイザーにハビエル・ロサーノ・シド氏 就任

サッカーU-18・フットサルU-15発足

東急Sレイエス フットボールスクール

2004年 スペインサッカー協会と育成メソッドのライセンス契約 締結
2005年 『J-フロンテッジ フットボールスクール』 開校
テクニカルディレクターにハビエル・ロサーノ・シド氏 就任
あざみ野・横浜金沢・渋谷・アトレ大井町・リーヴ新百合ヶ丘・ルネサンス相模大野
2006年

ロンド上北台・リーヴ北戸田 開校

多摩スワロー体育クラブのタマスフットボールスクール国立学園小学校へ指導者派遣

2007年 NAS聖蹟桜ヶ丘・リーヴひばりヶ丘・大田・北烏山 開校
2008年 ルネサンス橋本 開校
レイエスクラス(選抜クラス) 発足
2009年 池袋 開校
コーチングスタッフがフットサル日本代表コーチ 就任
コーチングスタッフが日本サッカー協会フットサルインストラクター 就任
2011年 川崎 開校
コーチングスタッフがフットサル日本代表コーチ 就任(フットサルW杯ベスト16)
アトレ大井町 閉校
2012年 ルネサンス東久留米 開校
2013年 ルネサンス北朝霞・NAS南林間 開校
2014年 たまプラーザ・ルネサンス湘南台 開校
2015年 大田・北烏山 閉校
2016年 ルネサンス北朝霞 閉校
2017年 NAS溝の口 開校
ルネサンスひばりが丘・ルネサンス東久留米・ルネサンス北戸田・ロンド上北台 閉校
2019年 これまで理想として掲げてきた「フットサルからサッカーへつなげる、フットサルからフットサルへつなげる」という育成モデルを日本で表現し続けて行くために、スクール事業で限られた年代のみではなく、総合型フットボールクラブとして、一貫指導体制のもと真の育成を目指すという方針転換により、14年間協働してきたスペインサッカー協会との契約を終了し、『東急Sレイエス フットボールスクール』へ名称変更

アディダスフットサルパーク

1997年10月1日 第1店舗となる「嶮山フットサルクラブ(2面)」 開業
2001年4月1日

嶮山フットサルクラブから「アディダスフットボールパーク嶮山」へ名称変更

2001年4月14日

「アディダスフットボールパーク横浜金沢(3面)」 開業

2001年7月15日 日本初の屋上フットサル場となる「アディダスフットボールパーク渋谷(1面)」 開業
2007年10月1日 アディダスフットボールパークから「アディダスフットサルパーク」へ名称変更
2009年10月30日 ヤマダ電機日本総本店池袋に「アディダスフットサルパーク池袋(1面)」 開業
2011年12月10日 ラ チッタデッラ内に屋根付き全天候型フットサル場として「アディダスフットサルパーク川崎(2面)」 開業
2012年10月1日 アディダスフットサルパーク嶮山があざみ野ガーデンズに移転し、「アディダスフットサルパークあざみ野」へ名称変更
2014年5月2日 東急百貨店たまプラーザ店に「アディダスフットサルパークたまプラーザ(2面)」 開業
2017年4月5日 フットサルクラブNAS聖蹟桜ヶ丘から「アディダスフットサルパーク聖蹟桜ヶ丘(1面)」として開業
2019年1月4日 アディダスフットサルパーク渋谷が東急百貨店東横店から渋谷ストリームへ移転