Fitness Club ATRIO DUE

2020/05/29 更新

2020.5.29


東急スポーツシステム(株)フィットネス施設での感染防止対策について

 


        

緊急事態宣言の解除に伴う今後の営業につきまして


いつも、弊社フィットネス施設をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

5月25日に政府より緊急事態宣言の解除が発表されました。

それを受けて神奈川県・東京都各地域の休業要請解除とその条件が確定発表され次第、以下の通り新型コロナウィルスに対する対策を行うことを前提に順次営業を再開してまいります。 

クラブの営業を再開できるのは、ひとりひとりのお心遣いのおかげです。

皆さまには、心から感謝申し上げます。


皆さまが安心して、クラブライフを楽しんでいただけるよう、徹底した新型コロナウイルス対策を掲げ、これからもスタッフ一同、みなさまの健康をサポートしてまいります。

会員の皆さまへ


安全にクラブをご利用いただくために、私たちスタッフはもちろん、お客様も含め、ひとつになって感染予防対策に取り組んでいく必要があります。

施設のご利用にあたっては、今一度下記の内容をご一読のうえ、ご利用をお願い申し上げます。

弊社ご利用時の安全・衛生管理対策につきまして

弊社フィットネスクラブは、FIA(日本フィットネス産業協会)に加盟をしております。

FIAのガイドラインに基づき、自社での安全・衛生管理対策を徹底した運営を行ってまいります。


2020年5月29日

東急スポーツシステム株式会社



FIA(日本フィットネス産業協会)による【 新型コロナウイルス感染拡大対応ガイドライン 】を基本とし、3つの密(密閉・密集・密接)の回避、接触感染、飛沫感染対策を講じ、安心・安全な施設を提供できる運営を目標とし、当社においても営業再開に向けて新たなガイドラインを下記の通り策定します。


お客様におかれましては、ご自身の健康管理にご留意いただき、しばらくの間、館内掲示やホームページに記載の症状がある方や該当する点がある方、基礎疾患がある方はご利用をお控えいただきますようお願い申し上げます。
なお、政府の発表等により運営オペレーションやガイドライン内容等を追加・変更させていただく場合がございますので、予めご了承ください。

お客様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

【 全体方針 】

① 来館者の管理

  • ■ 入館時の体調チェック、セルフ体温測定の徹底
  • ■ サーマル体表温度計の導入による体温チェックの徹底(37.5度以上の場合、入館禁止)
  • ■ 利用者へガイドラインの告知
  • ■ 利用時間 1日あたり2時間程度のお願い
  • ■ アルコール消毒の設置

  設置場所:風除室付近、フロントカウンター前、ジムエリア入口、ジムカウンター付近 


② 従業員管理

  • ■ 社員、パートナースタッフの出勤時の体調チェック、検温報告の義務付け(管理表での確認)
  • ■ 業務委託者の出勤時の体調チェック、検温報告の義務付け(ヒアリング及び出勤簿記録での確認)
  • ■ 業務委託会社スタッフの出勤時の体調チェック、検温報告の義務付け(管理表での確認)
  • ■ 体調が思わしくない者の出勤を見合わせる(発熱がある場合は平熱になり、4日間の出勤停止)
  • ■ 家族に感染者がある場合の勤務停止(2週間の出勤停止)


③ ソーシャルディスタンスの徹底

  • ■ 各エリアにおいてはもちろん、館内での移動、休憩中においての利用者同士の距離を保っていただけるように掲示

   し、注意喚起、チェック等を行う。

  • ■ スタッフも同様に利用者との距離、スタッフ同士の距離を保った行動を心がける。

 

④ 飛沫感染防止の徹底

 ■ スタッフ(社員、パートナー、業務委託者、業務委託会社スタッフ)は館内でのマスク着用を義務付け、感染予防に努める。

   ※スタジオレッスン時及びプール監視、指導においてのマスク着用は行わない。(別途対策を実施)

■ 取引業者においても館内に入館時にはマスクの着用を依頼する。

■ 利用者においてもマスク着用での利用とし、館内での移動、運動においてもマスクの着用を義務付け

飛沫感染防止に努める。但し、以下の場合は例外となる。

  < マスク着用例外について >

  ・スタジオプログラム(高強度レッスン 、プール利用時)

  ・浴室内

  ただし、飛沫感染予防のための会話の禁止、また密接をつくらないための協力を呼び掛ける。

(ソーシャルディスタンスの維持)


【 エリア指針 】 ※各エリアの名称をクリックして頂くと、イラストでのご案内が表示されます。

 ① フロント

 ■ 営業時間内は入り口開放や窓を一定間隔で開放し換気を行う。

 ■ フロントでの接点を減らすため、キャッシュレスでの支払いを推奨

 入会・一部各種届け出などはWEBでの対応可能

 ■   フロントに飛沫感染防止のためのシートを設置し、対面での対応・精算等はこのエリアのみで対応とする。

 ■ 入館後、手指消毒、表面体温計の実施を義務化

 ■ チェックイン/アウトはスタッフとの一定距離を確保し、セルフ対応とする。

 ■ ビジターにおいては、利用者同様の手指消毒、体温チェックにチェックシート確認の徹底

 ■ アルコール消毒は、1時間に2回以上、お客様が触れる箇所を事前にリスト化し、清掃の徹底を行う。

  

 ② ジムエリア

 ■ 利用者、スタッフ共にマスクの着用を義務化

 ■ マシンは一定の間隔を確保し、利用者自身での安全確認およびスタッフの管理のもとで行う。

 ■ マシンなど使用後は、利用者ご自身でのアルコール消毒に協力していただく。

 ■ アルコール消毒は、1時間に2回以上、お客様が使用されたマシンなど、触れる箇所をリスト化し実施。

 ■ 機械換気や1時間ごとに窓を開放しての換気を実施する。

 ■ 立位でのストレッチを推奨

 ■ トレーニングツールについての一部使用制限または使用休止(※1)

 ※1…ポール、ボールのみの利用。

 ■ パーソナル指導、サポートオプション、カウンセリングサポートサービスの休止(当面の間)

 ■ スタッフによる指導及び補助は休止

   ※サービス内容の変更・再開については、ホームページ等での再開の案内の予定

 

 ③ スタジオ

 ■ 営業再開後、スタジオでのプログラム指導は当面の間、休止

 ■ 人数制限による再開 ソーシャルディスタンス(最低でも2メートル以上)の徹底

 ■ レッスンの間隔は最低20分以上の確保

 ■ 飛沫感染防止のため、インストラクターは背面での指導とする。

 ■ レッスンでのトレーニングツール使用制限

 ■ スタンディングでのクールダウンの実施(※2)

  ※2…有酸素プログラムやその他普段アイテムを使用しないレッスンでのクールダウンにてストレッチを行う場合

 ■ プログラム内容により、インストラクター、利用者共にマスク着用でのレッスンを実施(※3)

  ※3…対象プログラムは、スケジュールに記載

 ■ レッスン中の大声や掛け声・ハイタッチの禁止

 ■ 機械換気(1時間 3回以上)、またレッスン中はドアを開放し、換気を行う。

 ■ レッスン後、換気および清掃の徹底および空気中への次亜塩素酸水の散布

 

 ④ プール

 ■ 各コースでの定員を設定し接触の回避 

 ■ コースエンドや、ウォーキング中、プールサイドでの密接した会話等は控える。

 ■ 換気は、機械換気(1時間 3回以上)及び定期的に窓を開放しての換気を実施。

 ■ プール監視スタッフのマスク着用は義務付けないものとする。

 ■ 会話をする場合は、ソーシャルディスタンスを認識し、一定の距離を取っての対応とする。

 ■ 水質検査を毎時間ごとに実施。

 ■ 塩素濃度4以上とし、【塩素濃度・水温・測定時間】の開示を行う。

 

 ⑤-1 ロッカー、パウダールーム

 ■ 使用ロッカーは間隔をあけて使用箇所の制限(定期的な使用箇所の変更の実施)

    ※ご利用ロッカーの判別をし、スタッフによる清掃(アルコール消毒)の徹底を行う。

   ■ 混雑しないようにロッカー内での定員数を定める。

 ■ アルコール消毒は、1時間に2回以上、お客様が使用されたロッカーなど、リスト化し実施。

 ■ 換気は、機械換気及び窓などの開放ができる施設は1時間に1回以上換気を行う。

 ■ ソーシャルディスタンスを認識し、一定の距離を取って行動する。

 ■ 浴室利用時以外はマスク着用を徹底し、会話は控えていただく。

 ■ タンニングマシンの使用は当面の間、休止

 

 ⑤-2 浴室、脱衣所

 ■ カラン、シャワー、浴槽の利用時には、ソーシャルディスタンスを守っての利用としていただく。

 ■ 1時間に1回以上のお客様が使用、触れた個所の清掃を実施。

 ( 浴室扉、カラン、シャワー、椅子、シャンプーなど

 ■ ドライサウナ、スチームサウナの使用休止

 ■ 脱衣棚については、一定の間隔を確保しての利用

 ■ 1時間に1回以上のお客様が使用、触れた個所の清掃を実施

 (脱衣棚、脱水機、冷水器など)

 ■ マスクの着用は不要とする。会話は控えていただく。

 

 ⑥ befre ※現在休業中(5/29)

 ■ レッスン開始前に体調チェック。

 ■ レッスン後に再確認及び手指消毒の協力依頼

 ■ 人数制限による再開 ソーシャルディスタンス(2M以上)の距離を確保。

 ■ レッスン間隔は最低20分以上

 ■ 飛沫感染防止のため、インストラクターは背面での指導を実施する。

 ■ レッスン中は、大声や掛け声は禁止とする。

 ■ 換気はレッスン途中(給水時)にドアを開放して換気を実施する。

 ■ マイマットの持参・利用を促進する。

 ■ レッスン後は、換気およびマット、床などの清掃を実施します。空気中への次亜塩素酸水の散布

 ■ 空気清浄機の設置

 

 ⑦ D-Cycle ※現在休業中(5/29)

 ■ レッスン開始前に体調チェック。レッスン後に再確認及び手指消毒の協力

 ■ 人数制限による再開 ソーシャルディスタンス(2M以上)の距離を確保

 ■ レッスン間隔は最低20分以上

 ■ インストラクターは飛沫感染防止のため、背面での指導を推奨

 ■ プログラム内容により、インストラクター、利用者共にマスク着用でのレッスンを実施

 ■ レッスン中は、大声や掛け声は禁止

 ■ 換気はレッスン中ドアを開放して指導

 ■ レッスン後は、換気および使用したバイク、床、シューズの清掃を実施します

 ■ 塩飽空気中へは弱先生電解水の散布をします

 ■ マイシューズでの参加を推奨いたします

 ■ 空気清浄機の設置 

 

 ⑧ ラウンジ、休憩スペース

 ■ ソーシャルディスタンスの維持

 ■ 食事の禁止。飲み物は可能とする。

 ■ 長時間での利用を避けていただくように協力していただく。15分程度での利用

 ■ アルコール消毒は、1時間に2回以上、お客様が使用されたイス・テーブルなど、リスト化し実施。

 ■ 換気は、窓などの開放ができる場所は1時間に1回以上換気。


 ⑨ その他館内

 ■ お客様が触れる箇所をリスト化し、1時間に2回以上のアルコール消毒を実施する。

(トイレ入り口、ベンダー、階段手摺など)

 ■ 換気が可能な場所は、窓などの開放ができる施設は定期的に換気を行う。

 ■ 階段や利用者が利用する通路などでは、接触を減らすため、一方通行の標記を掲出

 ■ エレベーターの利用人数を制限


以上

2020年5月29日作成

 

 

ガイドラインの内容は、状況に応じて変更する可能性がございます。予めご了承ください。